南予流域林業活性化センターは南予流域の活性化を目指します
  
お問合せ リンク
 HOME  南予流域林業活性化センター取り組み活動報告南予流域の森林・林業の風景CLTの活用南予森林管理推進センター
What's南予アルプス?南予アルプスの名山・渓谷南予アルプス見所暦南予アルプス友の会スタンプラリー
 TOP>南予流域林業活性化センター

南予流域林業活性化センター 団体概要

平成5年7月1日、愛媛県西南部の南予流域内の林業・木材産業関係者の参画により設立されたのが南予流域林業活性化センターです。
当センターの概要についてご紹介します。

南予流域
ご挨拶
南予流域林業活性化センターは、平成3年度に林野庁が提唱した「森林の流域管理システム」の政策をうけて、平成5年7月、愛媛県の西南部に位置する宇和島市、北宇和郡及び南宇和郡で活動している林業関係機関の参画のもと、設立されました。

当センターは、設立当初から、南予流域における林業生産活動の活性化を目指して、「担い手の育成」「機械化の推進」といった木材生産におけるソフト及びハードの整備の旗振り役はもとより、「森林組合の合併」といった組織再編の検討の場といった役割を果たしてきており、平成18年度には「南予流域森林そ生プロジェクト」を創設し、間伐等森林整備の推進をはじめ、生産した木材の供給システムの構築、木材の需要拡大という課題に取り組んできました。

現在は、充実した南予流域の森林資源を生かすため、平成23年度に策定された「えひめ森林・林業振興プラン」に基づいた「南予及び愛南地区森林・林業振興プラン」により、施業内容やコスト提案できる集約化施業を推進することで、森林所有者からの施業の委託を積極的に進め、林業事業体への施業・経営の集約化による適正な森林管理の実現を目指しています。

また、平成26年度には「林業躍進プロジェクト」を創設し、森林資源の循環利用、県産材の加工流通の拡大・競争力の向上、山村地域の雇用拡大を図り、林業を地域の成長産業として育成するため主伐を計画的・段階的に導入しながら県産材の増産に取り組んでいます。

なお、平成28年3月には「林業の成長産業化と健全な森林づくり」を基本理念とした「第2次えひめ森林・林業振興プラン」に改編し、従来の間伐に加えて、主伐を計画的・段階的に導入し、森林資源を循環利用することで、林業を地域の成長産業に育成するとともに、立地条件に応じた適確な更新を図り、森林の有する多面的機能を高度に発揮させるなど、森林を健全な姿で次世代へ継承するよう努めることとしています。

さらに、足摺宇和海国立公園を織りなす「南予アルプス(鬼が城山系)」を森林と親しむ観光資源として着目し、南予地域への交流人口の拡大に資する取り組みも行っています。

今後も、当センターでは愛媛県の施策と連携し、先人達が営々と守り育ててきた貴重な森林を次世代につなげていくため、健全な森林の育成と木材利用促進の取組みに邁進していく所存です。


平成29年10月
南予流域林業活性化センター 会長 (鬼北町長)兵頭 誠亀



団体概要
団体名 南予流域林業活性化センター
会 長    (鬼北町長)
目 的 愛媛県南予流域の森林の整備、事業量と労働力の調整、就労条件の改善、高性能林業機械の導入、原木・製品流通の改善等を推進し、もって多様な森林の整備及び林業生産活動の活性化を図る
構成団体 ○地方公共団体関係
愛媛県南予地方局、宇和島市、鬼北町、松野町、愛南町
○森林組合関係
南予森林組合、南宇和森林組合
○木材産業関係
(社)愛媛県木材協会宇和島支部、
活動エリア 愛媛県宇和島市、鬼北町・松野町、愛南町
設 立 平成5年7月1日
事務局 鬼北町農林課
所在地 : 愛媛県北宇和郡鬼北町近永800-1
TEL : 0895-45-1111(代表)
FAX : 0895-45-1119
上へ戻る トップへ戻る
南予流域林業活性化センター
愛媛県北宇和郡鬼北町近永800-1(事務局 鬼北町役場農林課内)
TEL(0895)45-1111 FAX(0895)45-1119